BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
水谷良平税理士事務所・株式会社アカウントフォース
TEL:06-6993-2232
ryoryo-m@tkcnf.or.jp
補助金・助成金・融資情報
TKC戦略経営者ローン
お役立ちコーナー
TKCシステムQ&A
経営改善計画の策定支援
経営改善オンデマンド講座
水谷良平税理士事務所・株式会社アカウントフォースは
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

経営改善オンデマンド講座

金融機関との対話を深め「会計で会社を強くする」には ~ローカルベンチマークの戦略的活用法~

金融機関との対話を深め「会計で会社を強くする」には

あらすじ

 洋菓子の製造を営む(株)ノグチスイーツの野口社長は悩んでいた。若い女性客をターゲットとした商品ラインナップへと絞り込みを行い、それなりの利益を確保できるようになりつつあった。

 しかし、その際に導入した厨房設備の借入金の返済負担などが重くのしかかり、償却前では黒字なものの、借入金を返すと何も残らない状態に陥っていた。野口社長は、顧問税理士でTKC会員である中田にこの窮状を相談した。

 そこで、中田はノグチスイーツのメイン行である二宮銀行に「早期経営改善計画策定支援」の活用を持ちかけた。そして中田は野口社長に、二宮銀行で決算報告会とあわせて次年度の経営計画を発表することでメイン行との対話を深めことを提案し、実行に移した。

 こうしてノグチスイーツの運命を懸けた「早期経営改善計画策定支援」が幕を開けた。

制作・著作 大同生命保険株式会社
監   修 TKC全国会 中小企業支援委員会

バックナンバー

中小企業の新しいあさ(平成28年配信)

当事務所が認定支援機関として貴社をご支援します

あらすじ

 看板広告を取扱う(株)ダーイシデザインは、今でこそ地域でも名の知れた会社になりつつあるが、以前は倒産の危機に追い込まれたこともある。
 当時、金融機関からの借入は、年商と同じ1億円まで積み上がり、社長の高多は、会社の現状を理解するにつれ、その深刻さに気づく。高多は、顧問税理士でTKC会員である石川直樹のもとを訪れ、窮状について相談した。
 資金繰りそのものに問題があり、原因をしっかり把握しないと改善できないと説明を受け、会計事務所とともに原因の究明に乗り出した。また、石川税理士からの提案を受け、国の事業を活用して、経営改善計画を金融機関と共に作り実行した。

制作・著作 大同生命保険株式会社
監   修 TKC全国会 中小企業支援委員会

当事務所が認定支援機関として貴社をご支援します!(平成26年配信)

当事務所が認定支援機関として貴社をご支援します

 あらすじ

 とある地方都市、商店街の中で、地域に根差したスーパーマーケットを運営する株式会社スーパーマッキーは、窮地に追い込まれていた。
 大手スーパーマーケットやコンビニエンスストアに顧客を奪われ、3期連続の赤字を計上していたからだ。
 株式会社スーパーマッキーの顧問税理士でTKC会員である湯本秀樹は、会社の将来を危惧し、国の経営改善計画策定支援事業を活用した経営の見直しを社長の真木に提案する。真木は、妻の涙ながらの訴えもあってことの深刻さに気付き、経営改善に取り組む決意を固めた。

制作・著作 大同生命保険株式会社
監   修 TKC全国会 中小企業支援委員会

いまこそ、自立した永続企業を目指そう!(平成25年配信)

いまこそ、自立した永続企業を目指そう

 あらすじ

 イナモトフードサービスはレトルト食品や冷凍食品などの製造を主たる事業とする、従業員30名の会社。数年前に設備資金の借り入れをして製造ラインを増やしたが、取引先の地元スーパーが大手の傘下に入ってしまう。そのため取引高は最盛期から半減し、返済が厳しくなってしまった。
 メイン行の金融機関担当者は早期の試算表提出を求めているが、月次決算体制がしっかり構築できていないため、なかなか試算表を出すことができない。
 そこで、メイン行の担当者は、経営改善計画の策定について、知り合いの税理士に依頼し、イナモトフードサービスの経営改善プロジェクトがスタートした。

制作・著作 大同生命保険株式会社
監   修 TKC全国会 中小企業支援委員会

財務経営力強化で資金調達力を身につけろ!(平成24年配信)

財務経営力強化で資金調達力を身につけろ

 あらすじ

 株式会社レッドロック工業は精密金型を主力業務とする、授業イン10名の中小企業。
 ある日、主要取引先の大手家電メーカー月光電気が中国企業に買収されるという報道がテレビで流れる。月光電気からの仕事がなくなると売上の3割がなくなり、一年後には資金が底をついてしまう状況にあり、これを乗り切るための対策が必要となっていた。
 赤石社長は、メインバンクのきんゆう銀行に融資を求めに行くが、明確な返済原資を提示することができず前向きな対応をしてもらえない。
 財務経営力を強化して資金調達力を身に着けてもらうため、田原税理士は経営計画の策定を提案した。

制作・著作 大同生命保険株式会社
監   修 TKC全国会 中小企業支援委員会